No.9 J-PARC施設の機器・設備等運転維持管理業務

案件概要

【用途、仕様緒元、特徴など】

J-PARCにおける陽子加速器群及び実験施設群の運転・維持管理業を行っています。
J-PARCは大強度で高エネルギーの陽子ビームを用いて中性子・ミュオン・ニュートリノなどの2次粒子を発生させ研究をおこなうものであり、このための陽子を加速させる施設、2次粒子を発生させる施設そしてその粒子を利用し実験する施設があります。
当業務では加速器施設の線形加速器(Linac)・3GeVシンクロトロン(RCS)・50GeVシンクロトロン(MR)及び物質生命科学実験施設(MLF)での設備・装置等を円滑に運転・維持管理し、もって供用実験に資するものです。

【写真、図表など】

MLF制御室での極低温水素循環システムの運転

MLF実験ホール・中性子実験ビームラインにて試料環境整備のための冷凍機準備作業

適用場所、部位

Linac、3GeV・50GeVシンクロトロン及び物質生命科学実験施設等

受注年度、台数

平成20年度より

担当企業から

我が社では、J-PARCでの各施設において、高度で先端的な設備・装置(極低温水素設備・精密温調冷却水設備等)の機能・構造・取扱い方法の練達、また設立当初よりこのような大規模な実験施設の基幹技術である真空・高周波及び電磁石関連等の技術の蓄積・スキルの維持向上に努めております。

連絡先

【住所】

〒319-1116 茨城県那珂郡東海村舟石川駅西2-4-4  TEL:029-219-5011 FAX:029-219-5012

最近のお知らせ

  1. 2022.6.10

    QSTによる量子線利活用 よろず相談会 開催案内

    「QSTによる量子線利活用 よろず相談会」を令和4年7月8日(金)13:30~16:30に国立研究開...
  2. 2022.6.8

    協議会ニュースNo.69を発行しました(総会の報告とQSTよろず相談会のご案内)

    協議会ニュースNo.69を発行しました。
  3. 2022.3.26

    ニュース・アーカイブNo.67、No.68を発行いたしました

    ご覧ください。

アンケート

リニューアルしたサイトはいかがでしょうか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...