No.21 水銀ターゲット分割模擬体の設計・製作

案件概要

【用途、仕様緒元、特徴など】

J-PARCセンターより中性子源施設の水銀ターゲット容器の分割構造を検討するための3D-CADモデル製作、模擬体設計、製作を受注した。

水銀ターゲットは陽子や中性子の照射を受けるため、定期的に交換するが、保管時の減容と分別のため、分割構造が有効である。

従来一体構造であるが下図の分割概念で設計を行い、模擬体を製作した。今後は、マスタースレーブマニピュレータ等を用いた遠隔操作性検討に使用される。

【写真、図表など】

分割概念図

3D-CAD詳細検討図例

製作した分割模擬体

適用場所、部位

J-PARCセンター 物質・生命科学実験施設
中性子源水銀ターゲット部

受注年度、台数

令和2年度 遠隔操作試験用模擬体 1式

担当企業から

従来から同ターゲットからの試験片取出し装置など、周辺機器を設計、製作し、全体の作業内容や遠隔操作設備について使用状況を理解しており、受注することができた。

分割概念から実際の各部位の詳細な寸法、形状について組立、遠隔分割構造を考慮し、3D-CADを駆使して設計した。

3D-CADを用いた設計を行っているため、検討途中でも顧客との情報共有がスムーズであり、コメントを随時反映しながら設計、製作を進めることができた。

今後は、機構所有の試験設備を用いた遠隔操作性試験により、円滑な分解作業が行えるかどうかの確認試験に進むが、新たな改善点が生じた場合も適切に対応していきたい。

連絡先

【住所】

〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松405  TEL:029-282-3535(代) FAX:029-282-0705

【担当者】

澤幡

【メール】

sawahata●kantogiken.com(●を@に変更して使用ください)

【URL】

http://www.kantogiken.co.jp/

最近のお知らせ

  1. 2022.6.10

    QSTによる量子線利活用 よろず相談会 開催案内

    「QSTによる量子線利活用 よろず相談会」を令和4年7月8日(金)13:30~16:30に国立研究開...
  2. 2022.6.8

    協議会ニュースNo.69を発行しました(総会の報告とQSTよろず相談会のご案内)

    協議会ニュースNo.69を発行しました。
  3. 2022.3.26

    ニュース・アーカイブNo.67、No.68を発行いたしました

    ご覧ください。

アンケート

リニューアルしたサイトはいかがでしょうか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...