No.19 結合型モデレータ・反射体

案件概要

【用途、仕様緒元、特徴など】

モデレータは、水銀ターゲットにより発生した高エネルギー中性子を、実験に適用できるエネルギーまで減速させ、各事件装置に送るための機器です。中性子の減速材には液化水素が用いられ、施設上部よりターゲット近傍のモデレータヘッド部までのおよそ5mを多重配管により輸送します。
反射体は、水銀ターゲットとモデレータが装入され、ターゲットで発生した中性子を、容器内で反射させてモデレータに導く機器です。

【写真、図表など】

適用場所、部位

J-PARC MLFの中性子発生源

受注年度、台数

平成25年 1台
平成30年 1台

担当企業から

モデレータは、施設上部よりターゲット近傍のモデレータヘッド部までのおよそ5mを、液化水素のINと,OUT、液化水素の真空断熱、冷却水のINとOUTの5重配管で構成されており、それぞれの配管間の隙間が2mm以下と狭く、接触しないような精密かつ確実なアルミ溶接技術が求められます。
また、液化水素導入による温度低下により、材料収縮を想定した隙間設計や、中性子から離れた場所には低熱膨張材であるインバー材を採用することにより実現しました。
反射体は、アルミ容器内にHIPにより拡散接合をしたベリリウムを配置し、不必要な方向には中性子が漏れ出ないよう抑制しております。

連絡先

【住所】

〒310-0843 茨城県水戸市元石川町276-21  TEL:029-247-9660

【担当者】

茨城工場営業課 澤畠孝博

【メール】

tsawaha●kinzoku.co.jp(●を@に変更して使用ください)

【URL】

http://www.kinzoku.co.jp/

最近のお知らせ

  1. 2022.12.7

    QST那珂研究所との 核融合ビジネスに係る技術交流会開催結果のお知らせ

    核融合は、環境問題とエネルギー問題を根本的に解決できる「夢のエネルギー」として実現への期待が高まって...

アンケート

リニューアルしたサイトはいかがでしょうか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...