No.14 加速器用 直流電磁石

案件概要

【用途、仕様緒元、特徴など】

ビーム輸送系のMEBT2でH-ビーム用シケイン整備に伴うビームの軌道を変えるための 2極電磁石を製作しました。

磁場計算により磁場分布を確認、および鉄芯内の飽和状況を考慮して、鉄芯の厚さ等を検討しました。
磁極(ポールピース)のシムについても形状を変えて幾通りか計算し、打合せのもと最適な形状で製作しました。

【写真、図表など】

専用ソフトによる磁場分布計算例

適用場所、部位

J-PARCリニアック棟 ビーム輸送系

受注年度、台数

平成26年度 4台

担当企業から

2極電磁石のみならず偏向電磁石、4極電磁石、6極電磁石など客先の様々な使用目的や要望に応じて実績を重ねてまいりました。量産にも対応できますが、その都度 設計する受注生産を得意としています。
専用ソフトによる磁場分布計算を行ったうえでの磁石製作がポイントです。磁石の製作のニーズがありましたら是非お申しつけください。

連絡先

【住所】

〒300-4223 茨城県つくば市小田4685-2  TEL:029-867-5158 FAX:029-867-5159

【担当者】

高野

【メール】

info●tomagnet.com(●を@に変更して使用ください)

【URL】

http://www.tomagnet.com/

最近のお知らせ

  1. 2022.6.10

    QSTによる量子線利活用 よろず相談会 開催案内

    「QSTによる量子線利活用 よろず相談会」を令和4年7月8日(金)13:30~16:30に国立研究開...
  2. 2022.6.8

    協議会ニュースNo.69を発行しました(総会の報告とQSTよろず相談会のご案内)

    協議会ニュースNo.69を発行しました。
  3. 2022.3.26

    ニュース・アーカイブNo.67、No.68を発行いたしました

    ご覧ください。

アンケート

リニューアルしたサイトはいかがでしょうか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...