No.1 第三電磁ホーンの製作

案件概要

【用途、仕様緒元、特徴など】

J-PARCのニュートリノ実験施設内において、標的で生成したパイ中間子を収束させるための電磁ホーンと呼ばれる装置が設置されています。
電磁ホーンは、320kA(ピーク)のパルス電流を流すことによって最大2.1テスラのトロイダル磁場を発生される装置です。
電磁ホーン本体は、内部導体、外部導体、絶縁セラミックリング及び電流導入部からなります。また、電磁ホーン本体は、水平より下向き3.637° 傾いた状態で設置しています。

【写真、図表など】

電磁ホーン装置

適用場所、部位

ニュートリノ実験施設ターゲットステーション棟ヘリウムチェンバー内に設置されています。

受注年度、台数

平成24年度  1台

担当企業から

電磁ホーン本体は支持フレームに固定されていますが、絶縁のためセラミックを介して固定され、なおかつ熱伸びによる支点の移動もスムーズでなくてはなりません。支持フレームは上部フレームと脚が冷却構造となっていて、上部フレームが冷却ジャケット、脚が冷却チューブが埋め込みとなっています。
内、外部導体及び連結フランジは電流通電の抵抗と考慮し、フランジ面に銀メッキを施しました。

連絡先

【住所】

〒317-0074 茨城県日立市旭町2丁目2番11号  TEL:0294-24-7555 FAX:0294-22-2765

【担当者】

額賀 和広

【URL】

http://www.sp-eng.co.jp/

最近のお知らせ

  1. 2022.6.10

    QSTによる量子線利活用 よろず相談会 開催案内

    「QSTによる量子線利活用 よろず相談会」を令和4年7月8日(金)13:30~16:30に国立研究開...
  2. 2022.6.8

    協議会ニュースNo.69を発行しました(総会の報告とQSTよろず相談会のご案内)

    協議会ニュースNo.69を発行しました。
  3. 2022.3.26

    ニュース・アーカイブNo.67、No.68を発行いたしました

    ご覧ください。

アンケート

リニューアルしたサイトはいかがでしょうか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...